So-net無料ブログ作成

5億円を輸送中に現金が路上に散乱、その場にいた人が持ち去りました [ニュース]

香港で現金輸送車が運んでいた5億円が路上に散乱し、そのうちの一部を、その場にいた人が持ち去りましたが、拾った男女二人を逮捕しました。

現金輸送車から散乱した紙幣は、警察が到着するまでの間におよそ2億3600万円が持ち去られました。

窃盗の疑いで捜査をしていましたが、男女二人を逮捕し、そのうち男の家からは250万円が見つかりました。

現在までに30人から8800万円が回収されているようですが、いまだに残りの1億4800万円が行方不明になっているようです。

日本であったら、まずこのように人が拾って持ち帰るなんて事は起こりえないと思います。

散乱した現金を意気揚々と数人が拾い上げている姿には非常に驚きました。

そしてそれを持ち帰っているという事に更に驚きます。

現金を輸送していた車のドアに不具合がある事をわかっていて、十分注意せずに車を走らせていたのだそうです。

ドアが開くかも知れないという想定で走っていたわけではないので、紙幣が散乱したのも警備員達は気づかずに、数キロ先まで走らせていたのだそうです。

近くにいた人達は、ドアが開きそうな現金輸送車を目撃していて、ドアが開くかもしれないと思って注目していた人達もいたと多かったようです。

こうした状況に、セキュリティ会社の体制は一体どうなっていたのかが非常に気になります。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ローラの父の初公判が始まりました [ニュース]

タレントのローラさんの父親が起した、国民健康保険の海外療養費を騙し取ったとされる事件の初公判が始まりました。

ローラさんの父親が詐欺疑いで国際指名手配されたのが昨年の6月でした。

突如ふりかかった父親の疑惑に、ローラさんは『父がご迷惑をおかけしてすみません、とても悲しいです、本当にごめんなさい』と言ってました。

国際指名手配にまでなり、その後自ら警察に出頭し逮捕されましたが、完全否認を続け、起訴不十分となり起訴にはならず釈放されました。

自ら出頭した動機については、『家族が心配だから』と言っていたようです。

しかし、釈放から二ヵ月後にまた詐欺疑いで逮捕となり、今度は起訴となりました。

警視庁によると、2007年にバングラデシュでデング熱の為入院した、と嘘の申請書をだし、国民健康保険の100万円を騙し取ったといわれています。

これに対し、完全否認をしているようで、入院したのは本当だといっているようです。

しかし警察では、バングラデシュの病院に問い合わせをした所、入院した記録はなく、デング熱で入院しても1週間程度だといっていたのだそうです。

これに対し、二度目の逮捕では、『人生をめちゃくちゃにされた』と騒いでいたそうです。

本人はいまだに容疑は認めていないといわれています。

警察ではどう有罪を立証するのかに注目があつまりそうです。

ローラさんは父親の影響も一切受けず、今年は年間CM女王としてランキング1位となりました。

父親がどうであれ、ローラーさんは芸能界で頑張っていってほしいですね。


群馬で80代夫婦を殺害し逃亡 [ニュース]

先日、群馬県で80代の夫婦が切りつけられる事件がありました。

きりつけられた夫の方は、意識不明の重態でしたが、先週亡くなりました。

一緒に家にいた妻は、胸の辺りを切られて軽症だった為、助けを求めて近所の家に駆け込んで助かったようです。

逃げた男について、この妻は知らない男だったといっているようで、20歳~30歳くらいの男で、黒っぽいジャンパーにボサボサの頭をしていたと証言しているようです。

警察官が現場についた時には、玄関には鍵がかけられていた為、鍵がかかっていなかった縁側の窓から犯人は侵入したと言われています。

この地域の周辺では、先月1人暮らしの93歳の女性が殺害された事件があり、この両者ともに犯人は逃走中でしたが、この二つの事件には実は共通点が見つかったようで、同一犯の可能性もあるとして、捜査が進められているようです。

白昼どうどうと行われたこの事件ですが、事件後を目撃した人は、被害者は右の喉が切られていて、血がでていてぐったりしていたそうです。

93歳の女性を殺害した強盗事件が起きたばかりで、わずか数百メートルの範囲でおきた事件との関連性が疑われているようです。

二つの事件には、どちらも窓から侵入した点などの共通点があり、同一犯の可能性として捜査を進めているようです。

現在、目撃した妻の証言を元に、似顔絵を作成し、公開しているようです。

近所の方々も非常に怖い思いをしているでしょうし、早く犯人が捕まる事を祈りたいです。



タグ:群馬 強盗

飛行機が乱気流に巻き込まれ緊急着陸 [ニュース]

先日、韓国からアメリカに向かっている途中の飛行機が、日本上空で乱気流に巻き込まれ、成田空港に緊急着陸しました。

その機内状況を携帯電話で撮影した動画が公開されました。

機内は上下左右に激しく揺れ、機内に乗っている乗客からは泣き叫ぶ声が聞こえています。

乗客乗員合わせて255人の内、乗客の1人が首の骨を折るなどし、12人が負傷しました。

当時の状況は、石川県から茨城県の上空を飛行している時に約10分程機体が激しく揺れたとされています。

この当時、日本は爆弾低気圧で、各地大雪でも連日ニュースになっていましたね。

台風であれば、台風の真上を通る事はないそうなのですが、今回の場合は低気圧だった為、予定の航路を通ったようです。

なので、今回の爆弾低気圧を予測する事は難しかったとも言われていますが。

他にも飛行機は飛んでいたんじゃないですかね???

もし今回のように、爆弾低気圧の予測ができなかったのであれば、飛行機に乗ることに抵抗を持ってしまいます。

緊急着陸できたから良かったですが、もしそのまま不時着していたら本当に恐ろしい事になっていました。

今回の件はしっかり調査を進めてもらい、今後この様な危険な運行を予測できるようにしてもらいたいですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ぺヤングゴキブリ混入から他社冷凍食品へのゴキブリ混入も! [ニュース]

ぺヤングのカップやきそばの中にゴキブリが混入していた事で世間を騒がせていましたが、新たに他の冷凍食品でもゴキブリの一部が発見された事がわかりました。

ぺヤングについては店頭では商品は完全撤去され、工場でもやきそばは全て廃棄されているようです。

事の発端は、消費者がツイッターにて写真を投稿したことから始まりました。

ゴキブリが混入している!と投稿した本人に、ぺヤング製造会社のまるか食品が面談を行い、中に入っていたゴキブリを確認しました。

その日の夕方に、保健所がまるか食品の本社工場の立ち入り調査を行いました。

そして翌日、まるか食品はゴキブリが混入していた商品と同じ日に製造していた商品の自主回収を始めました。

この際まるか食品側は、『通常の製造工程上混入は考えられない』と否定していましたが、その後のゴキブリの分析結果をうけて、『製造過程での混入は否定できない』と発表しました。

検査の結果で、ゴキブリが加熱された後があったそうですが、工場では2台のカメラと従業員の目視が行われているのでどこでこの様な混入があったのかわからないといわれています。

ぺヤングは現在全商品24品の販売休止で、ぺヤング2商品の賞味期限が2015年5月9日の商品は自主回収をされているようです。

そして、あらたに別の食品会社でも異物の混入が発見されました。

日清食品冷凍では、商品にゴキブリとみられる体の一部の混入があり、冷凍パスタ3種類の75万食の回収を始めました。

具財に使われていた野菜の中にゴキブリと見られる体の一部が発見され、日清食品冷凍では、対象の3種類の自主回収を行い、商品金額相等のクオカードを送付して対応しているようです。

実はこのように食品への異物混入の報告件数が、近年急増しているといわれています。

カップ麺や冷凍食品に限らず、スーパーなどの惣菜にもたまに意外な物が混入されていますが、対して大騒動にはならないので、製造過程で何が入ってもおかしくないのでしょうか。

消費者が気をつけるのは、開封時に目視を行い、匂いなどを確認して食べる前に気をつける事が大切です。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

女性の8人に1人が痩せている!? [ニュース]

女性の8人に1人が痩せているという事が、厚生労働省の調査でわかりました。

女性で痩せている人の割合が、1980年以降最も多くなったそうです。

女性の痩せ志向の影響からだと言われています。

女性は痩せたい痩せたいといっている人が多いですが、実際に痩せてきているようで、若い女性の場合、痩せすぎるとホルモンバランスを崩してしまう可能性が高いようです。

年配の方だと栄養が足りない状態になってしまい、健康に弊害がでてしまう可能性が高いようです。

肥満度チェックが簡単にできます。

ご存知の方も多いかと思いますが、改めてご紹介します。

馴染みが多いBMI測定です。

『体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)=BMI指数』

となります。

身長に関しては、160cmの方は、『1.6m』とmに直して計算してください。

BMIの理想値があり、

女性は『21』

男性は『22』

となり、18.5未満になると『やせ』となり、25以上となると『肥満』というラインになるそうです。

女性の8人に1人が痩せているとは言われていますが、実は若い女性に非常に割合が多いらしく、20代の女性に限って言えば、21%がBMI値が18以下になっているようで、約5人に1人が痩せていると言う状況だそうです。

街中を歩いていてもモデルさんの様な女性が増えてますが、女性の美意識が非常に高い影響なのでしょうね。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

歌手沢田知加子さんが『会いたい』の作詞家から訴えられた! [芸能人]

歌手の沢田知加子さんが、作詞家に訴えられています。

沢田知加子さんといえば、『会いたい』で一斉を風靡しましたよね。

『会いたい』は1990年に発売され、CDは130万枚も売り上げ、今でも21世紀に残したい泣ける歌として第一位に選ばれている名曲です。

一体なにがあったのでしょうか、、、

CDが発売されてから約24年も経った今、実は『会いたい』の作詞家が激怒しているそうです。

この作詞家は、レベッカなどに提供していた人気作詞家の沢ちひろさんという方です。

会いたいの詩は沢さんが幼い頃に死に別れた母親との思い出をベースに書かれた詩なんだそうです。

しかし、沢田知加子さんは、自身の体験談であり、学生時代に好きだった先輩が交通事故で亡くなった経験だったと発言されていましたよね。

それについても沢さんは昔から不快感を持っていたそうです。

沢田知加子さんがあるバラエティ番組で、元々の歌詞まで全く無視した『安定したい』という歌を披露した事により、沢さんは歌詞に対し敬意をいだいていない事悲しみを感じたといわれています。

更に沢さんに無断で、沢田知加子さんは、会いたいの歌詞を一部変更したアルバムを今年7月に発売した為、これに沢さんが講義し発売は中止となりましたが、CDの回収された事は聞いていないという事から訴えに踏み切ったのだそうです。

沢さんは二度と沢田知加子さんに会いたいを歌って欲しくないと激怒されているようです。

確かに、会いたいという歌詞はとても悲しい歌で、書いた本人が他にいて自分のお母さんとの思い出の歌詞を勝手に自分の体験談だといい、しかも替え歌にされたら確かに怒りは感じるかもしれませんね。

一体この騒動どうなるのでしょうか。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

日テレで女子大生内定取消で裁判 [ニュース]

女子大生が、日テレで来年四月にアナウンサーとして入社予定として、昨年9月に内定通知がでたのにも関わらず、今年3月に銀座のクラブでアルバイトをしていた事を伝えた所、今年5月に内定の取り消しをされました。

日テレ人事担当者からの内定取消の理由は

『高度の清廉性が求められるアナウンサーにふさわしくない、自己紹介シートにアルバイト歴を記載しなかった事は虚偽にあたる』

と主張しているようです。

これに対し、女子大生は『ホステスに清廉性がないと言う事は偏見だ』と言い、来年の入社権利を主張しているようです。

日テレの社長は、定例会見でアナウンサーの内定取消について『裁判に移ってるので経過を見て報告します』言っているようで、裁判での決着となるようです。

ホステスとしてのアルバイト歴がある事が、内定取消になるのは確かに労働者側からみると、ちょっと偏った考えでは?という感覚をもちます。

ホステスに清廉性がないと思っている人は、ホステスという職業をよく知らないからなのではないか?と思います。

私は女性ですが、仕事でクラブに行った事もありますが、あれほど洗練されていて気配りができ、コミュニケーション能力が高い人たちが集まった職業はないと思います。

他のテレビ局は、やはり内定した以上は採用するし、人間性や資質などなど総合的に判断して決めるという事を言っていているようです。

日本ではなかなか、労働について裁判にまで進むというのは珍しい事ですが、今後の裁判の行方が非常に気になります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

車割り込ませて突然暴行を繰り返した男が逮捕 [ニュース]

わずか30分間で三件も起した傷害事件の容疑者が逮捕されました。

逮捕されたのは、36歳無職の男です。

この男は、石川県内の路上で、前方を走行していた被害者の車の前に割り込み、停車させた後に被害者を車内から無理やり引きずり出して暴行を加えたといわれています。

一件目の犯行では、『喧嘩がしたい、ぶっ殺すぞ』と言い、男性を引きずりだして殴るけるなどの暴行をふるい、被害者の男性は全治二週間の怪我をおいました。

二件目は、最初の犯行から25分後、1キロ程はなれた場所で同じ様な手口で犯行を重ねました。

突然被害者に『お前なめとんのか』と因縁をつけ、運転席から降りてきた被害者に、棒の様な物で頭を殴るなどの暴行をふるい、被害者の男性は入院となりました。

三件目は、わずか二件目から5分後の4キロ離れた場所での犯行でした。

容疑者は、無理やり車のドアを開け、40代男性の男の顔をを突然ナイフで切りつけました。

抵抗できずに、一方的にきりつけられた男性は、顔などに全治3週間の傷をおいました。

目撃者の話では、その後ナイフで脅していて、目撃していた人にまでナイフを振りかざし追いかけてきたといわれています。

容疑者の男は、その後現場から逃走しましたが、被害者のうち1人が車のナンバーを覚えていた為、逮捕されました。

車が発見された時に、この容疑者は呆然と放心したように運転席に座っていたといわれています。

前日に派遣の仕事をやめ、イライラしていて酒を飲んでいた為覚えていない、と警察で供述しているようです。

しかし、酒を飲んでいる様な姿ではなかったといわれていて、薬などの使用に関しても調べを進めているようです。

もし、薬などの影響でないのであれば、一体なぜこういう状態になったのか?容疑者の精神状態に恐ろしさを感じます。

何も覚えてないという発言で言い逃れをする容疑者が多いですが、しっかりと罪を認めてもらいたいですね。







青酸化合物がプランターから発見されていた! [ニュース]

青酸化合物で夫を殺害したとされ女が逮捕されましたが、夫の死後に処分したプランターから青酸化合物が検出されました。

この女の周辺では、少なくても6人もの男性が不審な死を遂げています。

警察では慎重に取り調べを行っているようです。

警察本部で最も優秀な捜査員を取調官としてあてていて、この女の事をずっとみて、よくわかっている人が取調を行っているそうです。

確たる物証が乏しく難しい事件の為、腕の立つ捜査員を取り調べにあてて、その様子を録音、録画を行っているそうです。

取調でこの女は、嘘を上塗りしたり、認めた後に自分ではないと言ったり、質問して考えに詰まると覚えていないといい、普通の人なら考える様な言い訳を考えてないが、黙秘する事はなくベラベラと喋るのだそうです。

実は警察では、青酸化合物を見つけたといわれています。

この女は、事件から半年後の夏頃に、プランターを業者に頼み処分したのだそうですが、それを警察が調べたら、土の中には小さな袋が見つかり、その袋の付着物からは微量の青酸化合物が検出されたそうです。

警察では、重要な証拠として、青酸化合物の入手ルートの特定を進めているようです。

この女はテレビでも良く取材を受けていて、ベラベラと良く話ししてましたが、すでに夏に青酸化合物が検出されていて、警察ではこの女を泳がせていたのでしょうかね。

先月逮捕されるまで、プランターに埋めた青酸化合物は、警察に見つかる事なく処分できていたのだと思っていたのでしょう。

この女性の嘘が一体いつまで続くのか、それがこの事件の解決の近道なのでしょうか。



タグ:青酸化合物
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。