So-net無料ブログ作成

マクドナルドでまたチキンナゲットに問題が!? [ニュース]

スポンサーリンク




青森県で販売されたとされる、マクドナルドのチキンナゲットに異物が混入していた事がわかりました。

異物の分析には第三者機関に依頼したとされています。

日本マクドナルドでは、この異物は数センチの青いビニールだとしており、ナゲットに入ったままの状態で、第三者機関に分析依頼をしたそうです。

日本マクドナルドは、同じ工場で同じ日に製造されたチキンナゲットの販売を中止するように各店舗に通達したようなのですが、該当するナゲットの99%はすでに販売されているそうです。

第三者機関の分析結果を待った上で、再発防止策を講じるといっているようですが、この分析結果がいつでるかがわかっていないようです。

今回の遺物混入については、同じ時期に東京都内でチキンナゲットを購入した客が、同じ様にビニールが入っていたと販売店舗に指摘をしたという話がありましたが、そのビニールを店員が紛失し、またその事を店長に報告もせず、やり過ごしていたというニュースも聞きました。

都内のビニールは青ではなく、違うビニールであったとされていて、店内で混入したのでは!?とも言われているようなのですが、店内では製造していないので混入については慎重に調査を進めていただきたいですね。

チキンナゲット問題は昨年に引き続きとなり、また新たな異物混入がわかり、個人的意見ではチキンナゲットを食べるのは非常に怖さを感じてしまいます。

入るはずがない、と散々どのメーカーも言いますが、こうして様々な物が入っている事実を知ってしまうと、入るはずは無いという考えをそろそろやめてもらいたいですよね。

入るかもしれない、という考えで製造すれば更に混入に注意が払えるようになるのではないでしょうか。







スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。