So-net無料ブログ作成

倉敷市女子児童監禁事件で逮捕の決め手はナンバープレート [ニュース]

スポンサーリンク




岡山県倉敷市で女児行方不明事件は犯人逮捕で女子児童も解放されました。

やはりこの女子児童は誘拐され、監禁されていたのですね。

この女子児童の自宅から、8キロも離れた所に犯人は住んでいました。

そしてこの犯人の自宅に児童は監禁されていました。

この犯人の自宅は近所の人も異様に感じていたようで、数年前にわざわざ1000万円もかけて窓が無い部屋をリフォームしています。

この窓の無い部屋に女子児童は監禁されていたようです。

なぜこの犯人にたどり着いたかというと、決め手となったのは母親が覚えていたナンバープレートでした。

以前からこの女児をつけまわすようなシルバーの車を母親が確認していて、その時にみたナンバープレートを覚えていたようですが、覚えていたナンバープレートは下4桁の番号だけだった為、犯人までに絞り込む事ができず時間がかかっていました。

しかし、今年四月に女子児童の自宅付近で、ナンバープレートを取り外していた不審者の情報を警察に報告していて、その番号を元にこの犯人にたどり着いたようです。

おそらく、女児の自宅付近で車をとめていた時は仮りのナンバープレートをつけ、走り出す時に仮ナンバープレートを外していたんだと思われます。

今回の監禁誘拐事件に関しては犯人の計画的な犯行が予想されます。

狭い地域だからこそ、これだけ情報が集まり、地域皆の協力があったから無事に犯人にたどり着いたといえますね。

犯人の今後の動向に注目したいと思います。





スポンサーリンク



nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 1

まき

気になるニュースでした(≧∇≦)
見つかってホントよかったですね*\(^o^)/*
ご訪問ありがとうございました?
by まき (2014-07-21 18:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。